デザインてどうしてるの?

今も、創りたいデザインは現在進行形であり

製作することも、全く飽きることもなく

デザインに携わり17年経ちました。

デザインについてよく質問されることがあって

この前、お世話になっている方々と

会食していた時も、例の同じ質問。

ー 何もない真っ白なところから

 どうやって作っていくんですか?ー

老若男女問わず、年に何回か聞かれます。

他の方がどうされてるのか?

また芸大や専門学校を卒業された方は

学んだ通りにされてるのかもですが

青い鳥の場合、デザイン会社と

独自の感覚で学んだもので

全く専門性はございません。

なので、ここからは独り言です。笑

青い鳥の場合、お客さまと

依頼内容の話しをしていると

その方の上に配色や絵

レイアウトなどが浮かんで見えます。

いやいや、背後霊とかではないので!

安心してください!笑

浮かんでると言うと

誤解があるかもなので

わかりやすく例えてみます!

その人の後ろに

真っ白なスクリーンがあって

話し出すと映像が始まる。

映画を見てるような感覚です。

なので、真っ白なとこから

いきなり創ることはなく

映像で見た、あんなことや、こんなのを

ラフにおこしていきます。

ラフといっても、青い鳥の場合は

バラバラな、摩訶不思議な、愉快痛快な

パーツがいっぱい。まとめるのが大変!笑

さらにそこから、足したり引いたり掛けたり

時々、いきなり空想フォントが出てきて

なんでやねん!とコテコテの大阪弁で

突っ込みながら一生懸命、製作してます。

ほとんどの人は同じように見えてると

思い込んでいたのですが、

職業病のようでした。

人それぞれ違うように

みんな違ってていいように

見えるデザインも違っていて

違っている方がいいんです。

だから青い鳥は、

デザインすることが大好きで

デザインで笑顔になることを

実現していく過程が

17年経ってもずっと楽しいままです。

まだ17年目。

デザインで笑顔になれること

青い鳥にしかできないこと

冒険はまだまだ続きます。

#青い鳥

#デザイン #南大阪

Recent Posts

Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags

まだタグはありません。