Recent Posts

食べられなくなったお米から作った紙で名刺デザイン

青い鳥の事務所がある南大阪は

山と海が近く、海岸線には漁港

山手には、のどかな田園風景が広がり

そこそこ都会、それなりに田舎の

住むにはちょうどいいところ


夏空と太陽の下、青々とした稲たちが

ゆらゆら気持ちよさそうに風に揺られ

青と緑のコントラストが広がります


青い鳥も地域活性やまちづくりの一環で

田植えやお米づくりの活動をお手伝いしましたが

小さな苗からお米になり収穫するまでには

それはそれは、大変な苦労があることを学びました



お米だけでも、話はつきませんが

災害や地震などの非常時のために

自治体や企業などで保管されている食料


その中で備蓄米と言われる、大量のお米たち

幸い災害もなく、賞味期限が切れてしまうと

ほとんどのお米は廃棄されてしまうそうです


フードロスという言葉が使われるようになり

さまざまな取り組みが行われていますが

廃棄するお米を使って紙を創る

株式会社ペーパルさんと出会いました

取り組みを紹介していた番組を見たのですが

その時は、詳細を知ることができませんでした

そして月日は流れ、今年の4月


青い鳥もお世話になったマクアケさんで

クラウドファンディングに挑戦していることを知りました

詳しくはこちら

https://www.makuake.com/project/kome-kami/



食べられなくなったお米からできたkome-kami

「こめかみ」というネーミングにも心くすぐられ

青い鳥の名刺をkome-kamiで作ってみたい!

と思い、応援リターンは名刺印刷にしました


そして先日、届いた名刺がこちら↓


子どもの頃から紙ものが大好きで

珍しい紙や、新しい紙を扱いますが


環境に配慮した植物系の紙や、再生紙は

環境によくても、本来の紙としては

高価で扱いづらい難点があり

環境と実用性の溝がなかなか埋まらいなと

感じていました


今回、初めてKome-kamiで

デザイン印刷してみた感想は

風合い:ふんわり淡いクリーム系

紙質:手ざわりのあるクラフト系 

心配していた色は、意図した通り

スミ版がきれいに紙にのっていました


納得できる仕上がりと取り組みに賛同して

青い鳥でもkome-kami名刺の

デザイン制作のお取り扱いを考えています



「お米」というキーワードから

Kome-kamiの取り組みを知って

その紙でデザインができること

循環、環境、サスティナブル、SDGs、

専門的なことは詳しい人たちにお任せして


デザインする者として

感性に強く響いたもので

デザインができるということは


炊きたて、ほかほかの新米を

ご飯のお供と一緒に

口いっぱいにほおばるくらい

ふっくらとした至福の時

ごちそうさまでした


#komekami #デザインができること#青い鳥

Search By Tags