「夢を実現する力」

泉南市文化協会会長
前職 泉南市教育長   梶本 邦光

 夢に向かって挑戦を続ける幸代さん。私が担任をした小学6年生の頃から彼女は、ナイーブなのにしっかりとしていて存在感のあるリーダーであった。 大学卒業後教師をしていたが、ある日「日本語教師としてパラグアイに行きます。」と言ってきたのには 驚いた。彼の地でも、夢を叶えるための挑戦をしたようだ。帰国して間もない頃、泉南市立文化ホールでのハープ演奏を聴いた時、「続けろよ。」と一言、アドバイスした記憶がある。その後、この楽器は彼女の思いを表現するツールとなり、現在も活躍する。
 私が教育長をつとめていた時、大阪府全市町村の「教育長研究大会」での講演を依頼した。ハープ演奏と語りで表現される 「愛・命・平和」へのメッセージは、まさに彼女の生き方が凝縮され、参加者の心に響く印象深い講演となった。
 彼女は、すでに数百回のハープ講演を行ってきた。彼女の講演は光明が射す。ハープの音色が一隅を照らす光となり、聴く人の心に愛の花を咲かせてきた。これからも全国各地の人々を笑顔にしていくことだろう。彼女のことなら、
「地球を笑顔にするわ」と壮大なことを考えていそうだ。
 今後も夢を追い求め、夢を実現していくリーダーであり続けてほしい。